数々のプラン

祈る女性

長寿になったのは、何も人間に限ったことではありません。
ペットも医療技術の発達や、専用フードによって、飛躍的に寿命が延びています。
長い年月一緒にいる家族としてのペット。
お葬式を考える飼い主も増えてきています。
ペットの葬儀は、もちろん家族を弔うものですが、きちんと葬儀をすることによって、飼い主の気持ちに区切りをつけるという役割もあります。
ペットを失った事の、精神的ダメージから立ち直れない「ペットレス」という現象が起きることもあります。
その死に向き合い、心の整理をつける。
長い間供に過ごした思い出を振り返る。
葬儀はそんな機会を与えてくれる儀式でもあります。
また、住宅事情によって庭や自宅周辺への埋葬が困難になった現代では、火葬から永代供養までを請け負ってくれる業者は必要不可欠と言えるかも知れません。

最近は葬儀を請け負ってくれる業者が増えていますが、費用は業者によって大きく違います。
葬儀は大きく分けて、合同火葬、立ち会い火葬、訪問火葬、個別(一任)火葬とあり、かかる費用には差があります。
例えばハムスターや小鳥と言った小動物の費用を比較すると、他家のペットと同時に火葬する合同火葬と、家族が骨上げや納骨を行える立ち会い火葬では、平均的に一万円以上の差があります。
40キロ以上の大型犬の立ち会い火葬ともなれば、5万円以上の費用がかかるのが一般的です。
市や区が請け負ってくれる場合もあり、費用は3千円から5千円程度ですが、合同葬が主流です。
まるでゴミを燃やすような焼却炉で火葬されたと言うケースもありますので、業者にしろ、行政の委託にしろ、満足のいく葬儀をするのであれば、下見をし、しっかりと説明を受ける事が必要になります。

ペット葬儀によって、理想的な最後の別れを


Copyright(c) 2015 ペット葬儀によって、理想的な最後の別れを. All Rights Reserved.