ウーマン

状況に合ったほくろ治療の方法を選択【選ぶコツを調査】

気になるほくろを除去する

カウンセリング

美容整形外科でのほくろ治療が人気

ほくろ治療は難しいものではなく、比較的簡単な施術である場合がほとんどです。コンプレックスを抱えているのであれば、早く取ってしまった方が精神衛生上良いと言えます。ほくろ治療は大きく分けるとレーザーを用いた方法と、切開して縫合する方法があります。ほくろ治療でどの科を受診するべきか迷いますが、綺麗に除去してくれるのは美容皮膚科でも美容形成外科でも美容整形外科でもそれほど変わりはありません。ただ、皮膚科は皮膚の専門家であるのは言うまでもなく、皮膚の疾患を治療するという感覚なので除去こそが最優先という形になることが多いです。美容形成外科は皮膚の形態異常を正常な形態に戻すことを得意とする分野なので、ほくろが無かったかのように綺麗に取ってもらえます。その点では美容形成外科でも良いのですが、美容整形外科ではほくろを綺麗に除去して皮膚を正常な状態に戻す目的以外にも、その後の肌を綺麗にケアしてくれるというメリットがあります。アフターケアが充実しているので安心して任せることができます。ほくろ治療とさらなる美しさが手に入るとあって、美容整形外科でのほくろ治療は人気があります。費用の面ですが、皮膚科などで保険が適用されると一般的なほくろ治療は3割負担で済みます。しかしながら、美容整形外科ではほとんどの場合全額負担と言われています。ただし、皮膚科などでも必ずしも保険適用になるとは言えません。見た目を良くするための治療であれば、医師によっては保険を適用してくれない場合があるからです。例えば、一つは保険が適用できるけれどももう一つは自費になるというケースもあります。皮膚科などで自費になった場合、美容整形外科での支払いとそれほど変わりはありません。どの医療機関でも治療対象となるほくろの大きさや形、色、個数、盛り上がりか平坦かなどで費用は変わりますが、例え自費であっても数十万円もかかる高額な施術ではないので、これからの長い一生のことを考えると、見た目を重視して除去してくれる美容整形外科の方がおすすめです。美容整形外科では独自の会員割引サービスを実施しているところもありますのでお得です。複数の除去が必要な場合は美容整形外科の方が安くなることもあります。また、美容整形外科は見た目のフォローも全力で取り組んでくれるので、カウンセリングが丁寧という特徴があります。時間をかけて納得のいく施術を心掛けてくれます。皮膚科などは一般的に医療機関としての信用があるかもしれませんが、年間症例数の多い美容整形外科はとても高い技術を持っていますので安心です。