迅速に予約する必要性

犬と男性

ペットは生き物ですが、法律上は単なる物扱いにされています。
たとえば、故意に動物を殺しても刑法上の殺人罪が適用されることはなく、器物損壊罪が適用されることになります。
もちろん、厳密に言えば、自治体の条例違反なども問われることになるケースが多いのですが、犬を殺した場合でも立て看板を壊したのと全く同じ扱いをされることに対して、強い憤りを感じる飼い主が少なくありません。
なぜこのような話をしたのかというと、亡くなったペットの遺体は基本的に産業廃棄物扱いされるということを言いたかったためです。
自治体の遺体回収を依頼しても、最終的には他のゴミと一緒に償却処分に付されてしまうことが多々あります。
もちろん個別に火葬して遺骨を返却してくれる自治体もありますが、ごく一部に限られているのが実情です。
大事なペットをそのように扱われてしまうのは嫌だと考える飼い主がとても多いため、最近は動物専門の葬儀社を利用して、人間同様のお葬式をあげるケースが増加してきています。

人間のお葬式を執り行っている業者が、その業務の片手間で動物のお葬式も取り扱っているようなケースはまずありません。
なぜかというと、亡くなったのが人間であるのか動物であるのかによって、必要とされるノウハウが全く変わってくるためです。
ですので、自分が飼っていたペットのお葬式をあげたいと希望しているのであれば、動物専門の葬儀業者を探す必要があります。
また、ペット専用霊園も販売されていますので、お墓の建立を希望している場合は、探してみるとよいでしょう。
ほとんどの業者がホームページを開設していますので、インターネットを利用すれば、比較的簡単に業者の情報を集めることができます。
業者によってサービス内容や料金に差がありますので、十分に比較・検討した上で選ぶようにすることが大切です。

ペット葬儀によって、理想的な最後の別れを


Copyright(c) 2015 ペット葬儀によって、理想的な最後の別れを. All Rights Reserved.