ウーマン

状況に合ったほくろ治療の方法を選択【選ぶコツを調査】

美容外科でほくろ除去

看護師

ほくろを消すなら美容外科がおすすめ

一言でほくろと言っても、肌にぽつんとあるものから小さく転々と沢山あったり、触ってみたら盛り上がっているものなど様々な種類があります。名称は色素性母斑と呼ばれ、シミやしわの原因となるメラニン細胞が増え肌が部分的に黒く見えるもののことを言います。浅い部分にしかメラニン細胞がなければ、自分で市販されているクリームを使ったり、整形外科でレーザー治療を施すことで改善が見込めますが、肌の深い真皮の部位にまでメラニン細胞が根付いてしまっていたら、自力で治すことはかなり困難になってしまいます。また、ほくろから出血していたり、明らかに異常な皮膚の盛り上がりをうかがえる場合には悪性のほくろである可能性が非常に高いので、必ず病院や美容整形外科に行って治療してもらいましょう。自力で除去するにはかなり時間がかかり、思った以上に効果が感じられないことが多いので、顔の目立つ場所にあって今すぐ治療したい、出来れば跡が目立たないようにしたい、と考える人には美容整形外科での治療がよいでしょう。悪性かどうかの判断も出来ます。治療にはいくつか種類があり、出来ているほくろの種類によって使い分けられています。ほくろが出来ている程度が浅く、盛り上がっていない場合にはレーザー治療が使われ、メラニン色素にダメージを与えることで目立たなくしていきます。痛みも少なく、麻酔もしないで済むことがあります。施術後は絆創膏を貼り、メラニン色素を作る原因である紫外線を直接浴びないように気を付けて過ごすようにします。何回かに分けて施術を受ける必要がありますが、肌へのダメージも軽くて済みます。あまりに大きいほくろや深く真皮にまで根付いている場合には、メスでの施術を行うときもあります。再発の可能性が低く、麻酔も使われるので安心できます。抜糸をする必要や場合によっては少し傷跡が残ることがあるので医師としっかり話し合い、納得したうえで施術を受けることが大事です。悪性のほくろだった時でもメスでの手術は効果的です。治療の料金は施術の方法、ほくろの大きさ、簡単に取れるか否かで料金がかなり異なることが多いので、一度医師とのカウンセリングや、ネットであらかじめ調べておくとよいでしょう。最初は小さく目立たないほくろですが、いつの間にか大きくなったり、盛り上がってきて悩む方も多くいます。早めに治療しておけば、かかる費用も少なくて済みますし、短期間で治せます。年をとってから悩まないためにもきちんと治療しておきましょう。