女の人

状況に合ったほくろ治療の方法を選択【選ぶコツを調査】

簡単な施術法で除去できる

婦人

ほくろが気になる人のサイト

ほくろの治療は美容クリニックで受けることができます。治療費や治療方法を知りたい方はコチラまで。

ほくろ.com

ほくろは治療すれば除去することが可能です。評判の良いクリニックで施術を受ければ、キレイに取り除いてくれますよ。

ほくろ治療の正しい選び方

治療したいほくろができている場所や深さ、大きさ、色などによって治療の選択肢は異なります。盛り上がったほくろの場合は手術によって除去するか炭酸ガスレーザーを使うか選択肢は2つあります。手術の場合は深い部分の母斑細胞まで残さずに取り除くことが可能で、傷が深くなる可能性はありますが再発の心配はありません。一方炭酸ガスレーザーはほくろの盛り上がり部分を削りとり平らにしていく治療法で、手術と比べると傷が浅いため短期間で傷跡を目立たなくすることができるというメリットがあります。ただほくろの大きさや場所によっては手術の方が適してる場合もありますから、医師とよく相談しましょう。盛り上がりがないほくろの場合は炭酸ガスレーザーやQスイッチ、アレキサンドライトレーザー、手術の選択肢があります。Qスイッチ、アレキサンドライトレーザーはメラニン色素に特異的に反応してダメージを与えるレーザーで、周囲の組織にはダメージをほとんど与えることはありません。そのため黒い色を消すためにはこのQスイッチ、アレキサンドライトレーザーがおすすめです。Qスイッチやアレキサンドライトレーザーは麻酔は必要ありませんし、治療後に絆創膏を貼る必要はありませんから、同時に複数の箇所の治療を行えるなどのメリットがあります。炭酸ガスレーザーはほくろの表面にレーザー光を照射することで、黒い部分が見えなくなる深さまでほくろの組織を削りとることができます。治療は局所麻酔をして行いますから施術中の痛みはありませんが、1週間程度は処置した部分が小さな擦り傷のような状態になりますから、絆創膏などでカバーする必要がありますから注意が必要です。Qスイッチ、アレキサンドライトレーザーに比べて強力ですから、1〜2回の照射で消すことができるという特徴があり、手術は深い部分の母斑細胞まで残さずに取り除くことができますから、再発の心配は少ないというメリットがあります。ただ傷が深くなりますからある程度傷跡が残るということを知っておく必要があります。ほくろには浅いものと深いものとがあり、深さによって治療法も異なります。深いほくろは真皮の深い部分にまで母斑細胞が存在していますから手術がもっとも効果的といえますが、傷跡が目立つ場合もありますから、施術を受ける際にはメリットやデメリット、リスクなどを考慮して慎重に選ぶことが大切です。保険が適用されれば費用を安く抑えることができますが、保険適用がされる施術が必ずしも安いとは限りませんし、自由診療施術の方が安い場合もありますから、事前に確認しておくと安心です。

看護師

美容外科でほくろ除去

ほくろが目立つなどで悩みを抱えている人は、美容整形外科で治療を受けると良いでしょう。短期間で消していくことができるので、すぐに悩みを解消することができるのです。

More...

カウンセリング

気になるほくろを除去する

ほくろ治療は単に除去するのではなく、見た目の美しさも重視してもらいたいものです。美容整形外科ではアフターケアも充実していて人気がありますので、費用と合わせて検討しましょう。

More...

女性

ほくろ治療の選び方

納得できるほくろ治療を行って自分を変えたいなら、口コミを参考にしてクリニックを探すようにしましょう。評価の高いクリニックを見つけるのに役立ち満足できる効果を実感できます。

More...

ドクター

ほくろの種類と治療法

ほくろには皮膚科的には放っておいていいものもありますが、美容を損なうものと感じているのであれば除去が必要です。ほくろの大きさやタイプによってその治療法は変わります。

More...